アコギソフトケースおすすめ10選!安くて防水性が優れた人気商品を紹介!

アコースティックギターを持ち運ぶために、ソフトケースの利用を検討している人は多いのではないでしょうか。

ギターを購入した際に付属しているケースの大半はナイロン製であり、防水性やデザイン性がほとんどないシンプルなケースです。

もちろん、持ち運べれば何でもよいと思っている人はナイロンのケースでも問題はありませんが、ギターをしっかり守りたい人や、デザインにこだわりたい人は新たなソフトケースの購入も検討しましょう。

今回の記事では、安くて防水性が優れた人気のアコギソフトケースもご紹介していくので、ぜひ参考にしてみて下さい。

目次

アコギソフトケースとは

ギターを収納し、持ち運ぶためのケースにはたくさんの種類がありますが、その中でもソフトケースは軽く、簡単に持ち運びができる優れもの。

ケースによっては完全防水機能を備えることによって実用性の高さを重視した物から、デザイン性の高さによって他の人と違いをつけたい人に向けた物まで多種多様です。

自身の用途に合ったソフトケースを見つけましょう。

アコギソフトケースにこだわるメリット

軽くてもギターをしっかりと守ることができる

ケースに使用されている材質は、ソフトケースであっても大きく違います。

軽くても衝撃に強い材質が使用されていたり、水を完全にはじくことができたりするケースも開発され、販売されています。

ソフトケースの大きなメリットの一つは軽く、持ち運びが容易という点にありますが、軽くてもしっかりギターを守ることができるケースを選びましょう。

デザインによって他の人との違いを出すことができる

ギター購入時によく付属されてるナイロン製のギターケースでは、他の人と違いが分からず、演奏の会場やスタジオなどで「自分のギターがどこにあるか分からくなる」といったことも多々あります。

デザインによって、他の人のギターと区別をつけることができ、街中で持ち歩いていも存在感を出すことができます。

目立つデザインが好きではなくても、ソフトケースでありながら高級感の出ているケースも販売されているため、気に入ったデザインのケースに出会えうためにも、リサーチしてみてもよいでしょう。

持ち運びが簡単で、収納に手間取らない

ソフトケースは、ハードケースと比べて持ち運びが簡単です。

ハードケースの場合は、公共交通機関の利用時には、立てかけたり、背負ったりすることができないため、どうしても持ち運びが疲れてしまいますし周りの人に気を使ってしまいます。

収納にも手間取らないため、すぐに取り出すことができるのも、ソフトケースの大きなメリットといえます。

アコギソフトケースの選び方

価格から選ぶ

ソフトケースは、安価な物から高価なものまで、たくさんの製品が販売されています。

高価な製品の方が性能が高いというわけではなく、値段の関係なしに製品によって機能は違っています。

そのため、自身がギターを持ち運ぶ際に必要な機能が付いていれば、価格の安いケースを選ぶこともできます。

もちろん、値段の高いソフトケースであればデザイン性が高かったり、質の高い材質が使用されていることが多いため、お財布事情に合わせてケースを選択しましょう。

防水性に優れたものを選ぶ

ケースによって、防水性に違いがあります。

車で持ち運びをする人は防水性にそこまで気を使わなくても良いかもしれませんが、公共交通機関を利用したり、歩いて持ち運ぶことが多い人は防水性の高い物を選びましょう。

基本的にナイロン製のものであれば、撥水してくれるためギターを雨から守ることはできますが、布製だと雨がしみ込んでしまいます。

防水性を売りにしているソフトケースであれば、商品の説明に書いてあることが多いため、しっかりチェックしてから購入しましょう。

デザインから選ぶ

ひとえにソフトケースと言っても、ケースによってデザインは大きく変わります。

黒いシンプルなソフトケースから、派手な柄の布製ケースなど、自身の気に入ったデザインのケースを探してみましょう。

もちろん、耐衝撃性や防水性など、ギターを守るために必要な機能が備わっているかも大切です。

もし、デザインがあまり好きになれなくても、ステッカーやキーホルダーなどで装飾することによって、他の人との違いを出す、という方法もあります。

アコギソフトケースおすすめ10選

【F Fityle】ギターバッグ ソフトケース(e23e75b8792793b476f8219230a31e2a)

安価でありコスパが高いシンプルな黒のソフトケース。

必要最小限の機能性も兼ね備えており、ギターを持ち運ぶ際にあまり目立ちたくないと考えている人は嬉しいルックスです。

部屋に置くためのスペースもそこまで必要がないため、あまり広くない部屋にお住いの人にもおすすめの商品です。

【Ibanez】IAB541(IAB541-BK)

老舗ギターブランドが販売しているソフトケースです。

アコースティックギター・エレキベースにどちらにも対応しており、見た目に渋さがあり他の人と違いを付けることができます。

耐衝撃性に優れていながら重量も軽く、コストパフォーマンスの高い製品の一つです。

【Macks.i】ギターバッグ ソフトケース(MIGC WR)

シンプルなギターケースです。

A4サイズのポケットと、肩掛け、横持ちにも対応できる持ち手があるため、必要最小限の機能は兼ね備えています。

アコギのソフトケースでよく見かける黒ではなく、ワインレッドなので、他の人と被ることも少なくなります。

必要最小限の機能があって、黒ではないソフトケースを探している人は購入を考えてみてはいかがでしょうか。

【KC】アコースティックギター用 ソフトケース(CW-32)

アコギに付属しているソフトケースのような、シンプルなソフトケースです。

見た目で違いを出したいと考えておらず、シンプルに持ち運びができればよいと考えている人にはお勧めの商品です。

もちろん、持ち運びだけではなく、家での保管用にソフトケースを使用したいという場合でも、とても安価な商品のため、気兼ねなく購入し使用することができます。

【CAHAYA】アコースティックギターバッグ(CY0285)

大きな収納スペースが三つあり、ギターへの衝撃を緩和するためのクッションが付いているソフトケース。

ショルダーにしたり、横持ちもできたりと高い機能性を持っています。

耐水性も高いため、コストパフォーマンスの高いケースです。

【PLAYTECH(旧ZENN】Acoustic Guitar BAG(B0844HQGKQ)

インターネット楽器店で有名なサウンドハウスから販売されているソフトケースです。

とてもシンプルな機能のみ持ち合わせており、なによりとても安価で手に入れることが可能。

自宅での保管用として購入するのもよいですし、必要時にすぐ持っていけるように、とりあえずストックしておくという使い方もできます。

【Jinchuan】ギターケース(‎Quitar 1-A)

ポケット、ショルダーや横持ちにできたりとシンプルな機能を持っているソフトケースです。固定するためのバンドもついているため、安心してギターを持ち運ぶこともできます。

とても印象的なデザインとなっており、他の人とケースで違いをつけたい人はお勧めです。

他にも、このシリーズでは様々なデザインのケースが販売されているため、ご自身が気に入るデザインを探してみてはいかがでしょうか。

【Macks.i】MIGC-02(‎MIGC-02BK)

ワンポイントの色付けと、高い防水性を兼ね備えたソフトケースです。

シンプルな黒だけのケースでは物足りないと考えている人に是非お勧めしたい商品です。

耐衝撃性は高いとは言えませんが、簡単に持ち運びができるため、車を移動手段としている人におすすめです。

【FAKEFACE】アコースティックギターケース(B07SN3N74J)

必要最小限の機能を備えたシンプルなギターケースです。

オックスフォードと呼ばれる生地が使用されているため、耐衝撃性が高く、少量の水なら弾くことができます。

色もブラック・ブルー・ベージュがから選ぶことができ、ブラックでもワンポイントとなる白の線があり、見た目も可愛く誰にでもおすすめできる商品です。

【Varipos】ギターバッグ ソフトケース(B0B5G8MYC8)

動物柄の派手さのあるソフトケースです。

撥水性、耐衝撃性にも優れており、ある程度は安心して持ち運ぶことができます。

他の人とは被りにくいソフトケースとなっており、目立ちたい人にはおすすめの商品。

値段もそこまで高くないため、余分にケースを買っておいて、気分で変えるといった使い方をしても良いのではないでしょうか。

まとめ

ソフトケースには、さまざまな種類があります。

ケースの主な目的は持ち運ぶことですが、他の人とは違いを見せるためのポイントにすることもできますし、ケースによってはソフトケースとは思えないほどしっかりとギターを守ってくれる製品もあります。

ご自身が気に入り、ギターの持ち運びも安心してできるケースに出会うために、楽器店やインターネットで、たくさんリサーチしてみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次