吹奏楽部向けチューナーおすすめ10選!おしゃれでかわいい人気商品も紹介!

吹奏楽部で練習する時、自分用のチューナーを持っていると便利ですよね。

使いやすく、精度の高いチューナーがあれば、練習も一層はかどります。

特に最近は、おしゃれでかわいいチューナーもたくさん販売されていますので、吹奏楽部向けのおしゃれでかわいいおすすめのチューナーを10選をご紹介します。

目次

吹奏楽部向けチューナーの特徴

吹奏楽部で使われるチューナーは、オーケストラと違い弦楽器が少ないので、管楽器用がメインとなります。

そして、吹奏楽部向けチューナーを選ぶ際のポイントは、個人練習だけでなくパート練習や合奏でも使いやすいチューナーを選ぶこと。

演奏会やコンクール、県外へ遠征に行くなど移動の機会が多い吹奏楽部ならば楽器ケースに入る小型サイズのチューナーも便利です。

コンサートマスターや部長など、全体の練習でチューニングを確認するようなポジションについている立場の人なら、より幅広い楽器に対応したチューナーがおすすめです。

吹奏楽部向けチューナーを使うメリット

弦楽器専用チューナーと違い「ヘルツ(Hz)」を変更できる

吹奏楽部向けと言われるチューナーは、周波数(ヘルツ=Hz)を変更できる仕様になっています。

吹奏楽では442Hzでのチューニングが多いですが、ギターなどの弦楽器用チューナーは440Hzで固定されているものも。

そのため、ヘルツを変更できる吹奏楽向けのチューナーを選ぶ方が、失敗がありません。

メトロノーム機能や演奏録音機能などマルチに使える

吹奏楽部の練習では、楽器・譜面台・楽譜・チューナー・メトロノーム・教本などを持ち運びます。

個人練習、パート練習、合奏と場所が変わるたびに全部持っての移動は大変。

吹奏楽部向けのチューナーは、メトロノーム機能がついているなど、1台で何役もこなすので、持ち運ぶ物を減らせます。

また録音機能付きチューナーなら、自分の演奏を録って、演奏技術の改善も可能です。

マイク付きなら大人数の演奏でも自分の音を確実に拾える

吹奏楽部向けのチューナーの一部には、自分の楽器の音を拾うための専用マイクがついているものも。

特にパート練習や合奏などの大人数の練習では、チューナーが周りの音も拾い、うまくチューニングできないことがあります。

そんな時マイクがあれば、自分の楽器から出る音を確実にチューニングできて便利です。

吹奏楽部向けチューナーの選び方

ヘルツが固定ではないチューナーを選ぶ

チューナーは、必ずしも高価でハイスペックなものを使わなくて大丈夫。

しかし前述したとおり、安いチューナー(特にギターやウクレレ専用)の中には、ヘルツが440HZで固定のものも。

(オーケストラやギター演奏では440Hzでチューニングすることが多い。)

吹奏楽部の場合は442Hzで演奏することが圧倒的に多いので、ヘルツ固定のチューナーだけは買わないようにしましょう。

購入時は440Hzに設定されていても、後で変更できる仕様になっているタイプが安心です。

音出し機能つきのチューナーを選ぶ

チューニングには「チューナーの目盛りを見て合わせる」だけでなく、「耳で合わせる」力も必要です。

いくらチューナーの目盛りで合っていても、合奏で周りの音に合わせることができなければ、良いハーモニーにはなりません。

そのように耳を鍛えるためにも、ぜひ「音出し機能つき」のチューナーにしましょう。

基準音をチューナーが鳴らしてくれるので、まずはその音を聞いて耳で合わせ、次に目盛りを見て確認できます。

この方法でチューニングを繰り返せば、自然と耳を鍛えられるでしょう。

おしゃれでかわいいチューナーを選ぶ

最近のチューナーは色やデザインがおしゃれだったり、かわいいキャラクターとコラボしたりしている商品もあります。

シックな黒や白もいいですが、そうした「おしゃれでかわいいチューナーなら練習意欲が上がる!」という人もいるでしょう。

周りと違うスペシャルなデザインのチューナーなら、他の人のチューナーと間違えることも防げます。

気に入ったデザインのチューナーを使えば、練習意欲を上げることにも繋がり、一見地味な基礎練習やチューニング作業も楽しくなりますよ。

吹奏楽部向けチューナーおすすめ10選

吹奏楽部向けのおすすめチューナー10選をご紹介していきますが、特に「442Hz」でのチューニングに対応する、おしゃれかわいいチューナーを紹介していきますね。

KORGSlimpitch(SLM-1CM)

KORGの小型チューナー「Slimpitch」は、軽くて持ち運びに便利です。

マグネット付きで譜面台の下に付けられますし、保護カバーはスタンドにもなり机の上で自立します。

小さなタブレットサイズなのに、チューナーの精度が高く、専用マイク付きで正確にチューニングが可能。

オートパワーオフ機能付きなので、電源を切り忘れても電池の消耗が少なくてすみます。

KORGSlimpitch キティピンク(SLM-1CM-KTPK)

https://product.rakuten.co.jp/product/-/642e1debe1a355e636cf30ddc21fee5a/?gclid=EAIaIQobChMIrJifqv7w_AIVjnZgCh2sVAAfEAQYAiABEgJIcvD_BwE&iasid=wem_icbs_&icm_acid=861-767-4285&icm_agid=16121423967&icm_cid=178108887&icm_kw=&icm_mt=&icm_tgid=pla-340860414230&scid=s_kwa_pla_med_178108887

こちらは先ほどと同じ、KORG Slimpitchの「キティピンク」デザインで、キティちゃんデザインには、色違いの「ハローキティーホワイト」バージョンもあります。

こんな小型チューナーが、ポケットから出てきたら、吹奏楽部の仲間から「えっ!かわいい!」と驚かれるかも。

練習のたびにキュートなキャラクターのイラストを見れば、疲れを忘れて気分があがりそうですね。

野中貿易クロマチックチューナー サンリオキャラクターズ ノナカコレクション マイメロディ(NT-S2)

こちらは楽器輸入会社の野中貿易が手がけたチューナーで、マイメロディのデザインです。

サンリオとのコラボ商品でかわいい上に、クリップタイプの専用マイク付き。

目盛りの画面ははっきりとしたカラーで見やすいですし、磁石内蔵のチューナーなので譜面台に装着も可能。

KORGクロマチックチューナー 針式メーター(OT-120)

あわせて読みたい
assign - 通販 - Yahoo!ショッピング assignならYahoo!ショッピング!ランキングや口コミも豊富なネット通販。LINEアカウント連携でPayPayポイント毎日5%(上限あり)スマホアプリも充実で毎日どこからでも気に...

KORGの美しいブルー(シルバーカラーもあり)のチューナーで、デザインもシンプルでスマートです。

針で目盛りを指し示すタイプなので、はっきりと分かりやすいですね。

吹奏楽からオーケストラ・古典音律まで、幅広いチューニングに対応でき、基準音を鳴らせます。

スエード調のソフトケース付きなので、持ち運びも安心です。

YAMAHAチューナーメトロノーム ディズニー・マリーヴィヴィットピンク(TDM-700DMRE)

ヤマハのハイスペックチューナー「TDM-700」シリーズです。

チューナー機能とメトロノーム機能を同時に使用できるのが特徴で、自立するスタンド付き。

こちらの商品はディズニーの「おしゃれキャット」に出てくる、猫のマリーのデザインです。

TDM-700シリーズは他にも、「ミッキーマウス」や「不思議の国のアリス」、「くまのプーさん」などのいろいろなデザイン・カラーがあります。

専用マイクとセットのタイプもあり、便利です。

SEIKOメトロノーム&チューナー ブルー マイク2点セット(STH200LP)

SEIKOの「STH200」シリーズは、メトロノームと一体型のチューナーです。

クラリネット風の基準音が鳴り、耳で聞いてチューニングする練習が可能。

こちらはかわいくてきれいなブルーで、マイクも付属しています。

上部にスリットが入っており、譜面台の下側に取り付けられる仕様ですので、チューナーの置き場に困らず譜面をめくる邪魔になりませんね。

裏に支えるパーツがついていて、机の上に置けば自立します。

SEIKOメトロノーム&チューナー すみっコぐらし限定モデルイエロー(STH200SGY)

こちらも先ほどのセイコーのSTH200で、「すみっコぐらし」デザインとなっています。

この癒やされるイラストを見ながらチューニングすれば、リラックスして緊張がとけるかも。

別売りの「ピックアップマイク クリップタイプ すみっコぐらし(STM30SGL)」もかわいくて、そろえたくなります。

SEIKOメトロノーム&チューナー ドラえもん(STH200DRLV)

セイコーのSTH200シリーズで、限定の「ドラえもん」デザインです。

こちらはドラえもんのイラストの専用マイク(STM30DRLV)がセットになった商品。

上部の黄色いボタン(メトロノームのボタン)がドラえもんの鈴マークになっていてかわいいです。

下のチューナーボタンも、タケコプターのイラストというのが、遊び心がありますね。

ラベンダー色の紫は上品で、近寄ってみないとドラえもんデザインとはわからない分、これは部活仲間との良い話題になるはず。

SEIKOチューナー&メトロノーム ストップウォッチ付き パールブルー(STH100L)

セイコーの「STH100」シリーズは、チューナーにメトロノームとストップウォッチの機能がついています。

これはかわいいパールブルー色のタイプですが、他にもシルバーとパールホワイトからお色を選べます。

ぽってりと丸みがあるデザインは、かわいいだけでなく持ちやすいですよ。

初心者でも使いやすく、メトロノームの音もソフト。

譜面台に差し込んで固定できる「チルトスタンド」付きです。

SEIKOチューナー&メトロノーム ストップウォッチ付き リラックマホワイト(STH100RKW)

こちらは先ほどご紹介した、セイコー「STH100」シリーズの、「リラックマ(ホワイト)」デザインです。

この商品は、他にもキャラクターデザインのものを販売中。

こちらと色違いの「リラックマ(ネイビーブルー)」や、「すみっコぐらし(ピンク)」などがあります。

吹奏楽部向けチューナーの使い方

では次に、チューナーの使い方を順に説明します。

ここでは主に、吹奏楽の場合についてご紹介しますね。

チューナーの設定をする

まずチューナーの設定をします。

吹奏楽部のチューニングは、「B♭(ベー)」の音で行うことが多いです。

(オーケストラだと「A」の音で合わせることも。)

大抵の吹奏楽ではヘルツは「442Hz」で合わせることが多いですが、場合によっては440Hzのところもあります。

所属団体によって違うので、何ヘルツか確認してチューナーを設定しましょう。

チューニング前に管楽器はウォーミングアップで楽器を温める

管楽器の場合、楽器を組み立てていきなりチューニングしてはいけません。

管楽器は温まると音程が上がってしまうので、チューニング前にあらかじめウォーミングアップをして管を温めましょう。

でなければ、「練習前に音程を合わせたのに、練習を始めたら全然合わない」といったことになります。

しっかり楽器が温まってから、チューニングをします。

チューナーの表示は最初は見ずにチューニングする

チューニングする時は、最初はチューナーを見ないようにします。

チューナーが音を鳴らせるタイプなら音を鳴らして、よく聞きながらチューナーを見ずにその音を楽器で鳴らしてみましょう。

「これで合っているはず」という音程に楽器を調節してから、チューナーの表示を見ます。

それで真ん中の目盛りに合っていればOK、かなりズレていれば、また調整を。

この訓練をすることで、耳で正しい音程を把握できやすくなるのです。

チューニングはB♭以外にもいくつかの音でやってみる

吹奏楽のチューニングの基本の音はB♭ですが、実際に演奏する時はB♭の音程が合っていても、他の音が外れることも。

そのため普段の個人練習では、B♭以外の音でもチューニングしてみましょう。

特に「この音、ピッチがあいにくいんだよな~」という音があることと思います。

そういう音こそ、チューナーで音程を確認して、合奏でも合うように練習するといいですね。

合奏前は個人でチューナーで合わせ合奏時は耳で合わせる

合奏やパート練習の時に限らず、個人練習時も毎回チューナーで正しくチューニングするクセを付けましょう。

合奏ではあらためて全体のチューニングを行うでしょうが、その前に個人的に音程を合わせて置くのが望ましいです。

個人でチューナーを使い、音程を整えておいて、合奏では機械に頼らず、耳で確認して合わせるようにします。

耳で合わせるには、普段から正しい音程を耳で覚えておく必要があるので、毎回楽器練習の前には個人でもチューニングを。

そのように正しいピッチの音で練習を続けることで、正しい音程を耳に刻んで音感を鍛えられます。

まとめ

吹奏楽部向けチューナーには、おしゃれでかわいいデザインのものも増えています。

またメトロノーム機能付きや、譜面台や楽器に取り付け可能なものなど、どんどん便利になっていますね。

ぜひお気に入りのチューナーを使って、楽しく練習して腕を磨きましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次