ハイハットクラッチおすすめ10選!使い方についても詳しく解説!

ドラムセットを演奏する時、とても重要な3つのパーツは「スネア・バスドラム・ハイハット」いわゆる「3点」と呼ばれるパーツです。

今回はその中でも、ハイハットに焦点を当てたいと思いますが、ハイハットと言っても、ハイハットシンバルの方ではなく、ハイハットクラッチになります。

あまり注目される事がないハイハットクラッチですが、ハイハットの操作性や音色を決定すると言っても過言ではない程、重要なパーツなのです。

今回はハイハットクラッチの重要性と、おすすめのハイハットクラッチ10アイテムをご紹介します。

目次

ハットクラッチとは

トップのハイハットシンバルを、ハイハットスタンドに固定するパーツが、ハイハットクラッチになります。

ハイハットクラッチをしっかり固定する事で、トップシンバルが抜けてしまう事を防ぐのですが、もしトップシンバルが抜けてしまうと、ハイハットとしての役割が機能しなくなるので、ハイハットクラッチは非常に重要なアイテムと言えるのです。

実は意外と知られていないですが、ハイハットクラッチにはもう一つ役割があり、トップシンバルを固定する力加減で、シンバルの「揺れ」具合を調整するのです。

きつく締める事でトップシンバルの揺れが少なくなり、音がクリアになり、少し緩める事でトップシンバルの揺れが多くなり、豊かなシンバルの音が出ます。

ハイハットクラッチは、トップシンバルを固定するだけでなく、ハイハットシンバルの音色を決定するパーツなのです。

ハイハットクラッチの選び方

固定方式で選ぶ

多くのハイハットクラッチで採用されているのは、フェルトとクラッチナットをネジで固定するタイプで、数多くのハイハットスタンドで採用されており、安価に購入する事が可能です。

その一方で、繰り返し使用する事でネジが緩み、トップシンバルを固定する力が弱くなってしまいます。

トップシンバルが緩んでしまう事に悩んでいる方は、ネジを使わずに金属パーツを嚙合わせる固定方式のハイハットクラッチをお勧めします。

クラッチナットをネジで固定する方式と異なり、緩みが発生する事がないですが、ネジで固定する方式に比べて、やや高価になってしまいます。

セッティングの素早さで選ぶ

一般的なハイハットクラッチは、クラッチナットをくるくる回して外し、トップシンバルを挟んだ後に、再度クラッチナットをくるくる回して固定します。

一般的には、この方法でハイハットをセッティングしますが、トップシンバルを固定するまでの手順が多いので、セッティングに時間が掛かるでしょう。

そこで、より早くセッティングをしたい方は、金属パーツを嚙合わせる固定方式のハイハットクラッチを使う事で、ワンタッチで固定する事が出来きるので、より早くハイハットをセッティングが可能となります。

軽音楽部など、多くのドラマーが1つのドラムセットを使う際、セッティングが素早く出来ると、非常に好評です。

シンバル保護の観点から選ぶ

ハイハットクラッチとトップシンバルを固定する部分に、溝があるタイプのクラッチがあります。

溝があるハイハットクラッチを使うと、溝にトップシンバルの穴が当たるので、トップシンバルの穴が広がってしまう可能性があります。

ハイハットクラッチのモデルによっては、トップシンバルを固定する部分のみ、溝がないタイプがあり、溝が無いので、トップシンバルの穴が削れて広がる可能性は大幅に低減するのです。

マイハイハットシンバルを持っている方は、ご自身が良く使うハイハットクラッチを確認頂き、溝がないタイプのハイハットクラッチに変える事をおすすめします。

ハイハットクラッチおすすめ10選

【TAMA】ハイハットクラッチ(CL08)

TAMAの多くのハイハットスタンドに標準装備されている、ハイハットクラッチで、シンプルな構成になっているので、ハイハットクラッチの操作に慣れていない方でも扱いやすいハイハットクラッチです。

シンバルのロッド部分を3点でロックする機構となっており、緩みにくい設計でありながら、お求めやすい値段です。

ハイハットが緩んでしまう事に悩んでいる方は、試しやすいハイハットクラッチになります。

【TAMA】スイング・ロック・クラッチ(SLC08 )

クラッチナットを回して固定するタイプのハイハットクラッチで、シンバルの穴が広がらない様に、保護カバーを採用されており、マイハイハットシンバルを持っている方に、おすすめになります。

クラッチナットの付近にある赤い部分で、トップシンバルの揺れ方を調整する事が可能です。

【TAMA】クイックセット ハイハットクラッチ(QHC7)

ボトムにあるボタンを押すだけで、ワンタッチでトップシンバルをセッティングする事が出来るだけでなく、トップシンバルを固定する部分に溝がないので、シンバルの穴が広がる事が気になる方にも、おすすめのハイハットクラッチです。 

【TAMA】”シズル タッチ ドロップクラッチ”(STDC7)

ツインペダルを使う方で、クローズの状態でハイハットを使いたい方には、非常に便利な設計になっています。

レバーをスティックで叩くと、ハイハットがクローズ状態になり、再度ハイハットのフットボードを踏む事で、ハイハットのオープン/クローズ状態に戻ります。

クイックセット ハイハットクラッチ(PHC7)同様に、ワンタッチでトップシンバルを固定する事が可能で、さらに固定する部分に溝もないので、シンバル保護にも力を発揮するハイハットクラッチです。

【YAMAHA】ハイハットクラッチ(LC930A)

ロックナットのネジが斜めになっており、簡単に締め付けが出来る設計になっています。

ワンタッチでトップシンバルを固定する方式ではありませんが、数多くのプロドラマーも愛用しているハイハットクラッチで、頑丈な作りになっているのでネジの緩みも少ないです。

トップシンバルを固定する部分は、ネジの溝がないタイプになっているので、ハイハットを傷つける事がありません。 

【YAMAHA】ハイハットクラッチ(LC810A)

www.amazon.co.jp/dp/B001UB8UTG

ヤマハのハイハットスタンドの多くに使われる、ハイハットクラッチで、フェルト部分がシンバルの揺れを程よく吸収して、自然なシンバルの鳴りを実現します。

シンプルな構造でありながら、必要な機能をすべて満たしているハイハットクラッチです。

【Pearl】ラピッドロッククラッチ(HCL-105QR)

ワンタッチでトップシンバルを固定出来るハイハットクラッチです。

ネジで固定するクラッチは、ネジが緩んでしまうとトップシンバルが外れますが、このラピッドロッククラッチは、ボトムのパーツと、クラッチのセンターパイプの凹みにハマる様な構造になっています。

ワンタッチで装着出来るだけでなく、トップシンバルが緩む事もありません。

【Pearl】ラピッドロッククラッチ(HCL-205QR)

HCL-105QR同様に、ワンタッチでトップシンバルを固定出来るハイハットクラッチで、トップシンバルを固定する部分に溝がないので、シンバルの保護が気になる方にもおすすめです。(HCL-105QRも同様です。)

HCL-105QRとの大きな違いは、クラッチを固定する方式が異なり、HCL-205QRは、ハイハットスタンドのロッドに挟み込んで固定する方式を採用していおり、ロッドを傷つける心配がありません。

対してHCL-105QRは、ハイハットスタンドのロッドに、ボルトで直接固定する方式です。

【Pearl】 ハイハットドロップクラッチ ラピッドロッククラッチ(HCL-205DQR)

ツインペダルを使用中に、クローズ状態のハイハットを使う際に便利なクラッチであり、レバーをスティックで叩く事で、クローズ状態になり、フットボードを踏む事で、オープン状態に戻ります。

ワンタッチでトップシンバルを固定出来る方式を採用しているので、素早くセッティングをする事が可能です。

また、トップシンバルを固定する部分に溝がないので、シンバルの保護が気になる方にもおすすめであり、ハイハットのロッドに挟み込んで固定する方式を採用しているので、ロッドに傷が付くことがありません。

【REMO】 クイックロック・ハイハットクラッチ(HK-9045-00)

ボトムのパーツに凸パーツがあり、クラッチのセンターパイプの凹みにハマる様な構造になっており、緩む事なくトップシンバルを強固に固定する事ができます。

ワンタッチで固定する事が出来るので、セッティングの時間短縮だけでなく、様々なメーカーのハイハットスタンドにも対応しており、シンプルなデザインが好きな方にもおすすめ出来るハイハットクラッチです。

海外メーカー製の為、現在使用しているハイハットスタンドと、互換性があるか注意が必要になります。

ハイハットクラッチの使い方

ヤマハのハイハットクラッチ(LC810A)を例に、ハイハットクラッチの使い方をご紹介します。

※メーカーによってパーツ名が異なる場合があります。※ご使用になるハイハットクラッチの取扱説明書をご参照ください。

クラッチナットを外す

下側のクラッチナットをくるくると回して外し、クラッチナットを外した時に、2枚あるフェルトの下側も外します。

クラッチナットがボルトで固定されている場合は、ボルトを緩めてからクラッチナットを外すようにしましょう。

トップシンバルを固定する

ハイハットのトップシンバルを、ハイハットクラッチのセンターパイプに通し、先ほど取り外したフェルトを、トップシンバルの裏側にはさみます。

フェルトとフェルトの間にトップシンバルをはさみ終えましたら、クラッチナットを再度くるくる回して固定。

クラッチナットがボルトで固定されている場合は、回し終わったらボルトを締めますが、締めすぎない様に気をつけてください。

固定具合の調整

フェルト上部にあるロックナットは、トップシンバルの固定具合を調整出来ます。

タイトな音にしたい場合は、ロックナットとフェルトをしっかりと締め付け、逆にトップシンバルを揺らしたい場合は、ロックナットとフェルトを緩めて調整して、自分好みのハイハットサウンドにします。

ハイハットクラッチの重要性

ドラムセットで一番叩く場所は、ハイハットシンバルになります。

スタジオやライブハウスで演奏する機会が多いドラマーは多いですが、ハイハットスタンドを持ち込むのは大変。

しかし、ハイハットクラッチであれば、スティックバッグにも入れられるサイズなので、自分好みにセッティングしたハイハットスタンドにする事が出来るのです。

ワンタッチで固定するタイプであれば、セッティングにも時間が掛からず、ハイハットが落ちてしまうリスクも大幅に軽減されます。

スネアやペダルにこだわる方は多いと思いますが、一番叩くハイハットにも、ぜひこだわってみてはいかがでしょうか。

まとめ

スネアやペダルなど、音に直接効果が出るパーツではありませんが、ハイハットクラッチは、ハイハットシンバルの音質、操作性に大きな影響を与えます。

トップシンバルを固定する重要なパーツであり、もしトップシンバルが外れてしまうと、思った通りの演奏は出来ません。

近年は、固定する力が強く、それでいてワンタッチで操作が出来るハイハットクラッチが、数多くリリースされています。

今回ご紹介した内容を参考にして頂き、あなたにぴったり合うハイハットクラッチを選んでみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる