おすすめのドラム系ユーチューバー|ドラム初心者は絶対みるべき!【男性編】

・ドラムを楽しみながら学べる動画を知りたい!
・ドラム演奏の他にもドラムのことを解説しているYouTubeチャンネルが知りたい!
・ドラムを通じて元気になれる動画を観たい!

ドラム初心者に是非観ていただきたいドラム系のユーチューバーをご紹介します。

今の時代、YouTubeで様々な素晴らしいドラム関連の動画を観れるので、参考に出来るものはどんどん自分の中に取り入れていきましょう。

今回は、ドラム初心者が楽しみながら観ることが出来るYouTube動画を集めました!

今回は男性ドラマーのご紹介です。
女性ドラマーバージョンは下記の記事をお読みくださいね♪

imakaramusic運営者情報
目次

ドラム系ユーチューバー|男性編

ドラム初心者におすすめのドラム系ユーチューバーを5名ご紹介していきます。

  1. フリーザック
  2. Bucket Banquet Bis(ビスたん)
  3. マイキ
  4. Y2 drums
  5. にゃんごすたー

有名なドラム系ユーチューバーばかりなので、もう既に知っている方も多いかもしれないですね!

1.フリーザック

名前:フリーザック
生年月日:1987年1月11日
出身地:北海道
バンド:THE WASTED

フリーザック様は、ドラム系ユーチューバーで一番知名度が高いドラマーさんではないでしょうか。

ドラゴンボールのフリーザのコスプレでドラムを叩いているのですが、非常に美しい音を出すドラマーさんです。

2014年9月よりフリーザのコスプレをし、アニメソングのドラムカバー動画をニコニコ動画やYouTubeに アップしはじめたところ、2014年10月にアップした「めざせポケモンマスター」を演奏した動画がニコニコ動画総合ランキング1位を獲得。一躍ネット界隈で話題のコスプレドラマーとなる。 以後、月1ペースで動画をアップしつづけ、2015年8月現在はトータル再生回数500万回にもおよぶ。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フリーザック様は、メトロノームの音に対してジャストタイミングでドラムを叩きます。

見た目からは想像出来ないような(褒め言葉です!)繊細で美しい音とビートを鳴らすお方です!

メトロノームに対してジャスト・前ノリ・後ノリとは何を言っているのかよくわからない方は下記の動画を参考にして下さい。

2.Bucket Banquet Bist(ビスたん)

名前:Bucket Banquet Bis
生年月日:?
出身地:?
バンド:BIGMAMA

先ほどご紹介した前ノリ・後ノリの参考動画に使わせていただいたのは、ドラマーのビスたんの動画なのですが、ビスたんはドラマーが観てもドラム未経験者が観ても非常に楽しめる動画をアップしてくれています。

ビスたんの動画は、『ドラマーあるある』を超リアルに再現しているものがあるので、初心者ドラマーには是非みていただきたいYouTubeチャンネルです。

特に下記の動画がリアルで面白かったので、将来的にライブをしたいと思っている初心者ドラマーさんは参考に観て下さい。

3.マイキ

名前:マイキ
生年月日:1997年10月21日
出身地:福岡県
バンド:元ラトゥラトゥ

マイキさんは、ドラムの他にもあらゆる楽器を演奏できるそうですが、今現在は作詞作曲に力を入れているようです。

私がマイキさんの存在を知ったのは下記の動画なのですが、この動画をみて非常に努力家であるのが伝わってきました。

マイキさんは、スキルよりもパフォーマンスを重視しているドラマーさんです。

エンターテイメントとして観ている人たちを楽しませるドラムを叩くのが上手なので、パフォーマンスに力を入れていきたいドラマーさんならば参考にしてみると良いでしょう。

4.Y2 drums

名前: Y2 drums
生年月日:?
出身地:?
バンド:?

Y2 drumsさんに関しては、ほとんど情報を得ることが出来ませんでした。

YouTubeで『叩いてみた』動画を出しているドラマーさんは沢山いるのですが、その中でもY2 drumsさんの動画にはドラムの楽譜が動画上に表示されています。

ですから、ドラムの楽譜を読める方には、非常にありがたい動画ばかりがアップされているのです。

最新曲で叩いてみたいドラムがあっても、バンドスコアが高かったり、ドラムが正確に表記されているとは限りません。
Y2 drumsさんのスコアは原曲を忠実に再現しているので、是非参考にしてみてください。

5.にゃんごすたー

名前:にゃんごすたー
生年月日:2002年2月5日
出身地:青森県
バンド:?

にゃんごすたーは、青森県黒石市出身でドラマーとしても活躍しているのゆるキャラです。

可愛い見た目からは想像がつかないドラムを叩くのですが、そのギャップが面白すぎて毎回笑ってしまいます!

マキシマムザホルモンのメンバーに加わって、にゃんごすたーがドラムを叩いている動画です。

にゃんごすたーのビートに、マキシマムザ亮君(ボーカル・ギター)と上ちゃん(ベース・コーラス)が本気出して演奏してくれているのが伝わって来ます。

ゆるきゃらでありながらも、衝撃を受けるほどに激しいドラムを叩くので、是非楽しみながらにゃんごすたーの動画を観てみてください。

おまけ:勢喜遊

最後に、ドラム系ユーチューバーではないのですが、King Gnuのドラマーである勢喜遊さんをご紹介させていただきます。

なぜならば、私は勢喜遊さんのビートが死ぬほど好きだからです!
めちゃくちゃかっこいいビートを叩く方なので、ご紹介させていただきました。

勢喜遊さんのドラムを聴いていると、自分のビートを大切にしてドラムを叩いているのが伝わって来ます。

ロックはもちろん、ジャズやファンクなどのビートも叩けるドラマーさんなので、様々なジャンルの音楽を柔軟に取り入れて自分のビートに取り入れているのでしょう。

勢喜遊さんより上手なドラマーさんもいらっしゃるかとは思うのですが、勢喜遊さんほどに気持ちの良いビートを叩くドラマーさんは日本になかなかいないように感じています。

(もし勢喜遊さんほどに気持ちの良いビート叩くドラマーさんがいたら是非教えて下さい!)

自分の好きなものを大切にし、自分の個性や感覚を大切にされているドラマーさんだと感じます。
同じドラマーとして勢喜遊さんは憧れの存在です!

ドラム系ユーチューバーそれぞれの魅力

もしかしたら、私が今回ご紹介したドラム系ユーチューバーに興味を持てなかった方もいらっしゃるかもしれません。

例えば、YouTube動画のコメント欄やヤフー知恵袋などでドラマーさんのことを『あーだこーだ』と言っている方を目にすることがありますよね。

確かに、第一線で活躍しているミュージシャンでも聴く人によっては技術がそこまで伴っていないと感じたり、魅力を感じられないという方も少なからずいらっしゃるのでしょう。

ですが、売れているからには売れる理由がありますし、正直なところミュージシャンというのは技術だけでは活躍していくことが出来ないものです。

そしてドラマーは、それぞれ重要視しているものが違います。

  • ビートを重要視している
  • 魅せるドラムを叩くことを重要視している
  • 手数の多さを重要視している
  • どれだけ速く叩けるかを重要視している
  • リズムが狂わないことを重要視している

などなどドラマーそれぞれ重要視しているものは多少違いますし、ドラムを叩いていれば自分が大切にしたいことが変わっていくこともあります。

ドラマーに限らず、表現者は自由でいていいのです。
他人の意見に振り回されずに、自分の好きなことや大切にしていきたいことをどんどん取り入れていきましょう!

ドラム初心者がドラムを叩く上で大切にするべきこと

ドラム初心者がドラムを叩く上で大切にするべきことは、自分の感覚です。

誰になんと言われようと、自分がカッコイイと思ったドラマーさんを真似ればいいし、自分が好きな音楽を沢山聴き込めばいいのです。

今回ご紹介したように、今の時代はYouTubeのお陰で素晴らしい動画や勉強になる動画を無料で山ほどみることが出来ます

ですから、無料で使えるモノは使いつつ、楽しくドラムを学んでいきましょう!

まずは自分の好きを追求していきましょう!
そうすることで自分のオリジナルのスタイルが徐々にドラムにも反映されていきますよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる