ピアノ発表会のドレスじゃない衣装おすすめ10選!恥ずかしくない服を厳選!

ピアノの発表会は日頃の練習の成果を発表する、晴れの舞台。

発表会に出ることになったとき、衣装は何を着るかというのも楽しみの1つではないでしょうか。

ピアノ発表会と言えば、ドレスを着て演奏するというイメージもありますが、中にはドレスじゃない衣装が適している場合もあります。

普段シンプルな服を好むお子さんや小学校高学年くらいになると、大げさなドレスは着たくないという意見もあるかもしれません。

そこで、ピアノ発表会にドレスじゃない衣装ならどんなものがふさわしいか、服装マナーの基本からおすすめの衣装をご紹介します。

目次

ピアノ発表会での服装マナーの基礎

ピアノ発表会での服装の基本である「フォーマル」には「正式なさま、格式高いもの」というような意味がありますが、だからと言って無理に背伸びした服や、堅苦しい服を着る必要はありません。

いつもより少し「改まった感じ」「特別な感じ」が好ましいのではないでしょうか。

一方、ピアノ発表会で避けたほうが良いのは、普段着と思わせるカジュアルな服や、露出部分が多い服です。

スカート丈も短いものではなく、膝下まで長さのあるほうがフォーマル感を出せます。

また演奏が目的ですから、演奏の妨げになる長すぎる袖や、ペダルを踏むのに邪魔になるほどの長いスカートは避けましょう。

せっかくの晴れ舞台に、気持ちよく演奏できるような服装を選びたいですね。

ピアノ発表会でドレスじゃない衣装はどんな服装?

ピアノを弾く女の子

発表会でもしドレスじゃない服装をする場合、どんな衣装がふさわしいのでしょうか?

一番オーソドックスなのはワンピースで、着るだけでフォーマルな雰囲気が出ます。

また、上は白いブラウスに下は紺や黒色のスカートという組み合わせも、シンプルながらフォーマルさを感じますね。

その他、小学校高学年になると制服風の衣装や、学校が制服ならそのまま制服を着用するお子さんもいます。

ドレス以外でも発表会にふさわしい服装はあるので、お子さんと相談しながらお気に入りの1着を選んでみてください。

ワンピース

ワンピースを発表会で着用する場合、よりフォーマルな雰囲気を出せるデザインや素材があります。

レース素材やフリルが使われているデザインは可愛らしく、フォーマルな雰囲気が出ますね。

夏でなければ、ベロアやベルベット素材を選ぶと光沢があるので高級感が出せます。

ワンピースでもスカートがチュール素材のものを選ぶと、華やかな雰囲気になります。

白ブラウスとスカート

こちらの組み合わせも、シンプルながらフォーマルさを感じます。

スカートは紺や黒色のものなら改まった感じが出ますね。

小学校高学年のお子さんなら、スカートは膝より少し長いロング丈を選ぶと、きちんとした雰囲気になります。

この場合も、素材に光沢があるものやフリルやレースの入ったデザインを選ぶと、カジュアルに見えないでしょう。

制服風の衣装

制服風の衣装は少しお姉さんのように見え、憧れるお子さんも多いです。

また制服そのものを着て演奏しても大丈夫です。

1つだけ気をつけたいのは、制服風の衣装はジャケットがありますね。

ピアノの演奏では肩から腕もよく動かすため、ジャケットで弾くと窮屈に感じるお子さんもいるかもしれません。

一度着用して演奏し、弾きにくくないか確かめましょう。

また窮屈な場合ジャケットは着用せず、ブラウスやベストなどで演奏し、写真撮影のときにジャケットを羽織る方法もあります。

ピアノ発表会でドレスじゃない衣装を着るメリット

普段着に近いためリラックスして演奏出来る

ドレスは華やかで素敵ですが、日常にはない「特別感」がありすぎ、お子さんによっては過度な緊張をもたらす可能性もあります。

またドレス丈が長くステージで歩きにくい、ドレスの肩紐が落ちてきて演奏に集中できないということも実際にあります。

ドレスを着る場合は、着用して何度か家で弾く・歩く練習をするように、とおっしゃる先生も多いです。

そのため普段着に近い服装のほうが、リラックスして演奏できるかもしれません。

普段に着回しが出来る

発表会で着るドレスは、なかなか普段着る機会がなく、せっかく買っても1~2回の着用で終わってしまうこともあります。

その点ドレス以外の服装なら、普段に着回しが出来ます。

シンプルなワンピースなら、小物や靴の選び方によってカジュアルな雰囲気に変えて着回せるでしょう。

また一見ワンピースに見えるセットアップは上下分かれているため、普段別々に着て楽しむこともできおすすめです。

せっかく気に入って買った服なら、何度も着られたらさらに嬉しいですね。

ピアノ発表会のドレスじゃない衣装おすすめ10選

【CHOPIN deux(ショパン ドゥ)】 ドットチュールアンサンブル(1201‐8302)

ピンクの半袖ワンピースと紺色ボレロを合わせたアンサンブルです。

入学式からピアノ発表会まで広く着回しができそうなデザインで、とても上品です。

ピンクのワンピースは襟元がフリルになっていて、紺色のジャケットも大きなリボンが胸元にあり女の子らしいデザイン。

ワンピース1枚でも可愛らしいので、着回しが出来ますね。

【ELLE en noir(エルアンノワール)】ナチュラルフラワーアンサンブル(4201‐8308)

紺色ボレロに半袖ワンピース、コサージュもついたアンサンブルになっています。

ワンピースはスカート部分が小花柄のチュール素材になっていて、ナチュラルながら上品な雰囲気。

襟元がフリルになっている半袖のワンピースなので、1枚でも着用出来ます。

コサージュもピンクとイエローのナチュラルカラーで、全体的に優しく可愛らしい雰囲気です。

【Little Spring】フォーマルワンピース 丸襟(BOBTBSB3ZL)

黒いワンピースに白い丸襟がついたシンプルなデザインですが、1枚で着るだけでもフォーマルな雰囲気が出せます。

長袖、半袖どちらもあり、サイズも110から160まで幅広く取り揃えています。

姉妹でお揃いにするのもいいですね。

冠婚葬祭にも使える、1着で万能なワンピースと言えるでしょう。

【VIISEN】黒チュールスカート ワンピース(B08KZPGM8G)

黒一色でシンプルですが、チュール素材のスカートはAラインで広がるようになっていて、とてもお洒落です。

襟がフリルのようなデザインになり、少し立ち上がりのあるスタンドカラーなので、フォーマルさも出ます。

また合わせ方次第では、カジュアルにも着こなせるので、通学にも使えそうです。

【Catherine Cottage(キャサリンコテージ)】法事 冠婚葬祭 ブラックワンピース フォーマル(CC0713 TAK)

こちらも黒一色のワンピースですが、よりフォーマル感のある1着です。

ドレスメーカーで人気のキャサリンコテージのワンピースなので、しっかりした生地やフォーマルなラインには定評があります。

冠婚葬祭はもちろん、組み合わせ次第では通学やお出かけにも幅広く使えるでしょう。

【CHOPIN(ショパン)】チェック柄 お花 刺繍ワンピース(8236‐2501)

春から夏にかけての発表会にぴったりな、水色の半袖ワンピースです。

よく見ると水色の細かいチェック柄になっており、さりげない小花モチーフや白い丸襟が清楚さを引き立てます。

夏は1枚で、カーディガンを羽織れば春のお出かけにも着られる、品のあるワンピースです。

【VIISEN】長袖シャツ+ノースリーブ チェックワンピース 2点セット(B08G21PMZ7)

長袖ブラウスにチェックのワンピースがセットになっているものです。

ワンピースのチェック柄は茶系で英国風のイメージ、ブラウスは胸元にリボンが付き、きちんとした雰囲気が出せます。

それぞれ別々にも着回せるので、通学やお出かけにも出番が多そうです。

【WUOWU】女児 フォーマルワンピース(B0BN42293M)

ダークネイビーのシンプルなワンピースですが、広がるAラインのフレアースカートやウエストの小さめリボンがとても上品です。

胸元には取り外し可能な白いコサージュも付き、さらに高級感が出ます。

色はダークネイビーと黒、サイズも110から160まで豊富なサイズ展開になっています。

【DECORA PINKY‘S】フォーマルスーツ 5点セット(B07MXL51LG)

ジャケット、ワンピース、ブラウス、リボン、エンブレムのついた5点セットです。

紺色をベースに、ジャケットやワンピースの縁取りはグレーになっており、とても上品な制服風のスーツです。

リボンやエンブレムは取り外し可能なので、好みにあわせて取り入れられますね。

140から170サイズまで対応しているため、高学年のお子さんでも安心です。

【arisana(アリサナ)】フォーマル アイデン 4点セット(B08MZP54G3)

こちらはボレロ、ワンピース、リボン、ワッペンの4点セット。

綺麗なAラインのワンピースに短めのボレロが絶妙なバランスで、とてもお洒落です。

細目のストライプが入っているため、きちんとしたフォーマル感も出ます。

クラシカルなワンピース1枚でもボレロを羽織っても、どちらも素敵に見えるでしょう。

まとめ

発表会にお気に入りの衣装で演奏することは、それまでの練習のモチベーションもグンと上がることでしょう。

素敵な演奏に素敵な衣装で花を添えられるよう、お気に入りの1着を選んでみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次